考えられる白髪の原因

考えられる白髪の原因

白髪,原因

 

私は生まれつき白髪が多い体質で、学生の頃から白髪が目立っていました。そこでなぜ、白髪がこんなに多いのか、気になって調べるようになりました。

 

そもそも白髪は、遺伝によるものが大きいのです。実際、私の両親も早い時期に白髪になっていましたし、同じ悩みを持つ友人と話してみても大方これは当たっているようです。ただ、遺伝ですので、必ずしも当てはまらないという方もいます。

 

両親が白髪じゃないのに、なんで自分だけこんなに白髪が多いのか、そんな悩みをもたれている方もいらっしゃると思います。

 

次に考えられるのはストレスです。これについては、大人になってから発生するケースが多いですが、所謂若白髪もこれが当てはまります。若い頃を思い出すと、精神的につらい時期は気持ち程度ですが、白髪が増えたようにも感じます。

 

原因としては、頭皮に流れる血行が良くない状態であることがあげられます。ストレスを感じている時は、肉体的疲労も実は溜まっていることが多く、血行が悪くなるのです。また、若者のダイエットなども、無理に行うことで血行の悪化につながり、結果的に若白髪を誘発するなんてこともあり得ます。

 

結論としては、体と気持ちに負担を掛けない、というのがやはり一番大事です。白髪体質であっても、日常生活次第では、遺伝に打ち勝つこともできるのです。

遺伝白髪体験談

白髪,原因

 

私の両親は、理髪店を経営しております。そして、私も若い時には美容師としていろいろな髪型をしたり、いろいろなカラーにもしてきました。しかし、美容師という仕事は体にに合わなくて辞めてしまいましたが、その後も美容師の名残もあって人とは違うパーマをしたりと楽しんできました。

 

しかし、歳を重ねるごとに同級生とかと比べても早く白髪が出てきました。20代の話です。それからも、まだ少なかったのでパーマをしたりカラーも明るく華やかにしていました。しかし、今はとうとう右半分はほとんどといっていい程白髪ばかりです。

 

これは、両親共に真っ白なので、そして兄も白髪頭なので確実に遺伝であると思います。この白髪のせいで白髪染めも1ヶ月では全然もちません。実家が理髪店なのでお金はかかりませんが、好きな明るい色のカラーにはできなくなりました。

 

昔の同僚や上司には落ち着いたとか言われてとても寂しい思いになりました。また、2人いる子供の内の一人は私と同じ髪質なので、かわいそうですが若いうちから白髪に悩まされるのだと思います。もっと、パーマをしたりして明るいイメージにしたいのですが、普通の黒いストレートの髪型をもうここ何年もしています。

 

そしてこれから先もこのヘアースタイルでいくと思うと全然楽しくありません。パーマもできないことはないが、1ヶ月に2度ほどカラーをしている髪にはものすごいダメージがあるのは、元美容師だった為に分かってます。遺伝を憎むわけではありませんが、なんかやりたいことができないという寂しさはこの先もついて回ります。

白髪染め体験談

白髪,原因

 

私が自分の白髪に気づいたのが30歳の時でした。髪をかきあげている時に気づきました。髪が長かったので、見つけた時はすぐに抜いていました。それからしばらくは白髪を見つけることはなかったのですが、数ヶ月後にまた白髪が生えてきて、この前抜いたと思う所から短い毛が飛び出していました。

 

ショックでした。すると、違う場所にも白髪を発見。私も年かなと感じました。そのままほったらかしにしていたら、いつのまにかさらに増えていきました。なので美容室で白髪染めをするようになりました。でも一度染めてしまうと、毎月行かないと気になるようになりました。

 

そこで、自分で染めた方が早いと思い、髪を濡らして白髪染めを塗って5分くらいおいてお湯で洗い流す手軽にできる白髪染めを試してみました。美容室みたいにきれいには染まらなかったのですが、一回目にしてはまあまあ染まりました。

 

ツンとした匂いがなく手触りがよかったので、2日後に再び使ってみました。前よりは上手く染めることができました。やっぱり白髪はない方が若く見えるなと思いました。白髪を抜くよりは、染めた方が痛くないし、お風呂のついでにしているので人目を気にせずにできます。

 

白髪から黒髪になる魔法の食べ物があったら、私は絶対に買うでしょう。そんな夢のようなものがいつか開発されたらいいなと思います。

黒ツヤソフトの通販購入はこちら!トップページへ白髪対策をしたい方、他のナイトブラの髪にハリやツヤが欲しい方、艶やかな髪で若く見られたい方はトップページで黒ツヤソフトサプリの詳細をチェックしてみてください。